ニキビ肌の人はなるべく患部に刺激を与えないように気を付けなければいけません。
しかし、ニキビが出ている状態でもメイクをしなければならない時はありますね。
メイクは肌に負担を与えてしまうため、ニキビを悪化させる可能性がありますので、なるべく控えめにメイクした方が良いでしょう。
そして、メイクをした日に欠かせないものが、クレンジングによるメイクオフの作業です。
しかし、クレンジング剤によってはニキビに強い刺激を与えてしうこともあるようです。

ニキビの出来るメカニズムは、毛穴の皮脂詰まりによるものです。
化粧品に含まれている油分などがきちんと落としきれていないと、毛穴に汚れや脂が詰まってしまい、そこからニキビが発生していきます。
ニキビが出来てしまっている状態でこのようなことが起こると、どんどん悪化していってしまい治るものも治らなくなってしまいます。
クレンジングの中でもオイルクレンジングのように強い洗浄力でをもつタイプであればしっかり落とせるかもしれませんが、刺激が強いため、ニキビ肌には負担になてしまうことが多いようです。
また、皮脂を取りさる力も強いため毎日のようにオイルクレンジングを使用していると、肌に必要な油分まで取り去ってしまいます。
油分バランスが崩れると肌の保水力が低下し乾燥を招いたり、肌が油分を補うために皮脂を過剰分泌して脂性肌になる可能性があります。

ニキビ肌の時は、ミルクタイプかクリームタイプのクレンジングの使用をおすすめします。
オイルタイプに比べ刺激も少なく、乾燥を緩和する作用もあるので、肌に優しいクレンジングでしょう。
肌トラブルを起こしている状態の時にはオイルタイプのクレンジングは避け、肌に負担をかけないクレンジングを行うことが大切です。
乾燥を予防するクレンジングについて